ネット恋活と街コン、早く彼女が作れるのは・・・

20代・30代がリアルに使ってるサイト分布図

出会いが多いほど早く彼女が作れる!

about03

出会いにネットを使っている男女は、周りに出会いがないからという理由で使っている人が多いと思います。

しかし最近は気軽に恋活ができる街コンや趣味コン、相席居酒屋などリアルでの恋活サービスも増えてきました。ということはネットで恋活する方法の他に、実際にその場に出向いて恋活をするという方法もあるというわけです。

この二つはどちらも恋活が目的の男女をターゲットにしているサービス。果たしてどちらのほうが早く彼女が作れるのでしょうか。

まず大前提として知っておきたいのが、的に矢を当てたいならよりたくさんの矢を飛ばせるほうが有利ということ。要するに「数打てば当たる」ですね。

このことから考えると、自分がその場にいなくてはならない街コンよりもいつでもどこでも自由に全国の女性と交流できるネット恋活のほうが彼女ができるまでは早いと言えます。「出会いが多いほど自分を好きになってくれる女性と出会う確率は高い」ですからね。

あくまで理論的には、ですから、ふとふらりと参加した街コンで運命の人が・・・なんていうのがあったら分かりません(笑)。

ネット恋活と街コンに参加する女性の違い

例えば会社で営業部と総務部など部によって雰囲気が全然違うように、ネット恋活と街コンの雰囲気も全然違います。こういう雰囲気というものは、大体は参加する人で左右されます。

ネット恋活はどんな年齢、性格、目的の人でも使えます。ネットでないと恥ずかしい、ハードルが高いと思っている女性が主なので、こちらから見ても同じ目線で交流できて早めに親密な関係が築けそうです。

一方で街コンはいきなり知らない人が周りにいる中での食事会なのである程度ハートの強さが必要です。なので街コンに参加している女性は目が肥えた誘われ待ちの人が多く、男に度胸がないと彼女どころか仲良くなることすらハードル高めです。

そしてルール違反だ!と思うかもしれませんが、彼氏持ち・既婚者の女性が冷やかしにきているだけという場合も少なくないようです。

街コンも周りに参加者がたくさんいて安心感があることやその場ですぐ気に入った子と話せるなどいい所もたくさんありますが、彼女に繋がりやすい出会いをということならネット恋活のほうがいいスタートがきれるでしょう。

仲良くなることと付き合えることは別!

相手も恋活中の女性でたとえ彼氏を欲しがっていたとしても、仲良くなれた=自分を彼氏候補として見てくれている、とは限りません。

恋は最初いいと思っていた人と発展することもあれば、まさかこの人と・・・という人とくっつくこともあります。だから良く言えば仲良くなれたならもしかするとがあるかもしれないけど、悪く言えばキープの一人。

まぁ男のほうも仲良くなった女性でも彼女にするにはどうか?と品定めをするので、お互い様ですけどね。

ネット恋活は一対一で会うのに対し、街コンは50人や100人など同じ場所にたくさんの男女が集うという大きな違いがあります。それを踏まえてネット恋活と街コンを比べてみると、周りの男性参加者と比べられる恐れがないだけネット恋活のほうが彼女作りには向いていると言えます。

「隣の芝は青い」という言葉があるように、周りにたくさんの異性がいると今目の前で話している人とどっちがいいかな~と見比べてしまうんです。これは男にとってマイナスポイント。

人は選択肢が多いほど迷い決めきれなくなるため、ネット婚活のように一対一で「目の前の人はアリかナシか」だけで決めてもらうほうが楽チンなのです。