ネットで良かった!ネットで恋人探しするメリット3選

20代・30代がリアルに使ってるサイト分布図

最初から本音・内面で向き合える安心感

about07

恋人同士や夫婦が別れる原因としてよく耳にするのが「価値観の違い」。

価値観というとざっくりしていて分かりづらいかもしれませんが、簡単に言うと好きなもの(趣味含む)や思考回路のことです。

好きなものや思考回路が似ていたり一緒であれば最高ですが、お互い考え方が違ったとしてもその違いをお互いに理解し合えれば問題ありません。

ではなぜ別れるほどの価値観の違いというものが生まれてしまうかというと、例えば職場やバイト先、合コン、街コンなどのリアルな出会いでは最初ルックスだったりその場でのその人のイメージというものから入ります。

要するに、外向けに作っているキャラクターや人柄だけで、こういう人だろうと勝手に納得してしまうんですね。だからいざ恋人同士になったときに、あれ?となる。しばらくは好きで一緒にいられるけど、どんどん考え方の違いで亀裂が生まれてきます。

だけどネットで恋人探しをすると、良い意味で自分も相手がどんな人か分からないし相手も自分をどうイメージするのか分からない。知らない相手に言葉だけで気持ちを伝えることは、想像以上に神経を使うためその人の内面や本音がにじみ出やすいんです。

だから伝わる言葉には嘘が少なく、会った時のギャップも少ない。そのことからネット恋活でカップルになった男女は別れにくいと言われているのです。

すぐに女性と親しくなれるスピード感

ネットはリアルな出会いとは比べ物にならないくらい、知り合うまでがスピーディです。

リアルな出会いでは今の段階で気になる人がいなければまず好きになれる人から探す必要があります。でも好きになれる人を探す、といってもそんな簡単に好きになれるわけじゃないですし、そもそも周りに恋愛対象になるような女性がいなければ何も始まりません。

実際、恋愛対象が周りにいないから出会い系を検討しているという男子が多いような気がします。会社もパートのおばさんだらけ、とかね。

その点でネット恋活は相手も恋人を探しています。つまりこの時点で独身・彼氏なし・彼氏欲しがっているという、男にとってはありがたい成功条件が揃っているというわけです。

恋人が欲しくて行動しているときの心境は、早く彼氏彼女持ちになって幸せになりたいという前向きな気持ちが強いです。だから、これまでパッとしたチャンスがなかった、これからもなさそうだという環境にいる場合は、ネットのスピード感に頼っていいんじゃないかと思います。

自分や恋愛に自信が付く・人生観が変わる

彼女がいなくて彼女が欲しいと思っている男は大きく分けて2種類いて、いつもいるけど今だけ彼女がいない普通~モテ型男子と、長らく彼女がいなかったり一度も彼女がいたことがない経験少なめ男子です。

まず今回は、前者の普通~モテ型男子は完全無視して、経験少なめ男子をピックアップしてみます。

あまり恋愛経験をしてこなかったな、と思っている男性は、とにかく自分に自信がない人が多いです。特に20代30代は彼女、奥さん、子どもと顕著にライフスタイルに違いや差が出てくる時期。ここで自分に彼女どころか女性の友達すらいないとなると、別に誰から言われるわけでもないのに自分が「劣っている」ように感じてしまいます。

だけどきっと、それは単に出会いの場に積極的に参加していなかっただけだろうな、という男性もたくさん含まれているんですね。

あなたは劣ってないよ、と人から言われても慰めにしか感じませんが、自分から実際にネットの出会いに参加して女性の多さや女性との会話の面白さ、更に会ってくれる人がいた!という嬉しい体験をすることで自分に自信が付きます。

最初はダメでも必ず次に繋がるし次も早い。それがネットならではの魅力です。