東京・大阪などの大都市ほどネット恋活を

20代・30代がリアルに使ってるサイト分布図

大都市でもネットの出会いが有利

何事にも都市と地方で違いがあるように、出会いにも大都市とその他の地域で出会いのチャンスには差があります。

当然東京や大阪など大きな都市のほうが人が多いですし、恋活・婚活パーティやイベントがいつでも開催していて、出会いのチャンスに恵まれています。ネットの出会いでも、地方よりも都市のほうが会員数が多いので、自分に合う人を見つけやすくなっています。

しかし、比較するとやっぱりイベントに参加するよりもネットを使ったほうがより出会いが彼女に繋がる確率は高いと言えます。

例えば東京の恋活・婚活イベントには、千葉や神奈川あたりの周辺エリアから遠征してくる女性がいます。となるとこちらが東京に住んでいる場合、相手が東京外の人だとちょっとした遠距離恋愛になってしまうわけです。

反対に相手が同じ東京に住んでいる女性だとしても、東京にいれば気軽にたくさんの恋活イベントに参加できるわけですから、その中でダントツの一番になれるかどうかはかなり低い確率です。

一方でネットでは、イベントに集まる人よりも圧倒的に人数が多い上、最初から同じ地域の人を探すことができ、おまけに会うまでに色々な話をして距離を縮めることができます。ネットはちょっと、と言っている男女に限ってずっと恋活・婚活をしている・・・という法則の理由が垣間見えますね。

東京の恋活・婚活事情

日本一の大都市といえば東京。日本で一番彼氏を作りたい女性が多く、彼女を作りたい男性が多い都市と言っても間違いはないでしょう。

東京では年間数えきれないほどの恋活・恋活イベントが開催されていて、そのイベントの中には出会い系サイトの会社が運営しているイベントもあるんです。

最近よく耳にする街コンや相席居酒屋などは最近出てきたものですから、あれはどちらかというと儲け第一の飲食店のためのイベント、というイメージがあります。会社によって工夫はあれど、基本的には人を集めて出会いの場を提供しているだけ、という感じですね。

一方で出会い系サイト運営のイベントはネットで提供しているサービスの延長ですから、本当に真剣に恋人がほしい人だけが集まります。

出会いにつなげるノウハウや実績、そして知名度もありますから、東京のリアル世界で恋活をするなら、そのようなネット発信のイベントに参加するのが最も成功率が高いと言えます。出会いはまずネットから、ですね。

大阪の恋活・婚活事情

大阪は日本第二の都市で、関西エリアでは最も恋活・婚活イベントが盛んに行われている場所です。大阪という土地柄、表に出たほうが相手のことが分かる!という積極的な男女も多いので、東京よりもリアルな場での恋活がメジャーです。

ただどの土地でも、イベント系の出会いは彼氏や彼女をしっかり作るというのにはあまり向いていないので、ノリのいい大阪では余計にその場限りの友達を作って終わり、その後の反省会で盛り上がるという参加者も多いのだとか。

大阪は山手線沿いなどぐるりと街が広がっている東京とは少し違い、中心部に梅田と難波がありそこから少し離れると閑静な住宅地になっていきます。

イベントのようなものはどの地域でも中心部で行われるので、毎回駅まで歩いて中心部へ通い交通費と数千円消費するというよりは、ネットでもっと近い人を探して中間ポイントで会うというほうが効率がいいのです。