30代中心の恋活サイト・アプリの特徴

20代・30代がリアルに使ってるサイト分布図

さすがに10代だらけのサイトは避けたい

thrkoi03

世にあるほとんどの出会い系サイトには、年齢制限というものがありません。

たまに10代限定だとか中高年専用だとかある程度ユーザーの年齢層を絞って募集しているサイト・アプリもありますが、その他の多くのサイトはどの年代も自由に使えるようになっています。

ただ、出会い系サイトが使われる目的は大半が「恋人探し」か「遊び相手探し」。若ければ若いほど恋人や遊びに強い興味がありますから、年齢制限がなくても必然的に10~30代が集まりやすくなっています。

今10~30代とざっくりとまとめましたが、10代と30代は大分年齢差がありますよね。同じ若者が集まっているサイトでも、10代が集まりやすいサイトと30代が集まりやすいサイトは確実に違いが分かります。

たとえ2~30代の女性会員がいたとしても、入ってみて10代ばかりがワイワイ騒いでいるようなサイトでは成功するものも成功しません。10代は10代との交流がメインで、20代はまだチャンスがあっても30代はほぼ皆無といって良いでしょう。

30代も入れる、だけでは30代の恋活用サイトとしては弱いですね。

サイトに「ユーザーの声」が掲載されている

最近は、実際にユーザーがそのサイトを使った感想や出会えたか出会えなかったか、恋人になれたかどうかなど、出会い系サイト自体にユーザーの声が掲載されていることが増えました。

不安だったけど恋人が出来て使ってよかったとか、付き合うまで1週間で早かったですとか、具体的に体験談を書いている人もいます。

ここ、単にノロケかよ~なんて考えて見るのではなく、自分と同じような年齢・性別・状況の人がどういった成功をしているかというのをチェックするコーナーでもあります。

例えば31歳の男だったら、30代前半の男性がメールからどうやってどんな彼女を作ることができたのか具体的な参考にすることができます。こういった、そのサイトで出会ったカップルのリアルな体験談というのは、そこにどんな女性がいるのかや会員の年齢層などのあらゆる情報の源になっているんです。

自分がこのサイトやアプリで恋活したら・・・と使い始める前から想像できるので、サイト選びに失敗して時間をムダにしたくない30代は特に重視したい項目ですね。

複雑・無駄な機能がないシンプルサイト

30代の出会いともなると、今すぐの結婚を考えていなくても10代よりは確実に将来の選択が差し迫っている感じがあります。

自分だけなら長~い目で何も考えずにいられるけど、恋活は相手がいることですから、いくら待ってくれる優しい女性でも本音はできれば早めに落ち着きたいと思っているはずです。

そう考えると、同じ時間があるならば「会ってから」の時間が長いほうが、楽しい恋愛期間を十分に経験することができます。そのために、サイトにある機能は少ないほうが良いと言えます。

例えば同じ1ヶ月という期間があったとして、サイト内で日記やら写メコンテストやらで3週間も4週間も過ごして会えば関係を決断するまでの時間は少なくなりますよね。だけどメールとチャットなどでとんとんと会うための前向きな話をして、2週間くらいで会えたとします。

そうしたら後の2週間は会った女性と親しくなっていくのかさよならして次の相手を探すのか、いずれにせよ恋愛へのスタートダッシュを早く切ることができます。

今時のサイトなので多少は機能が豊富ですが、見て使い方が分からない、出会いに関係なさそうなものがあるなどの場合はとりあえず別のサイトを探しにいったほうがいいでしょう。