こっそり彼女作るなら出会い専門SNSが安心

20代・30代がリアルに使ってるサイト分布図

普通のSNSと出会い専門SNSって何が違う?

twe02

一般的にSNSというとLINEやらTwitterやらFacebookやら、そういうところを思い浮かべると思います。これらはそれぞれ機能や使う目的は違っても、ネット上での交流ができるツールであることは同じです。

ただ、例えばLINEはお互いに友達にならないとメッセージが送れなかったり、Twitterではお互いにフォローし合わないとダイレクトメッセージが送れないなど、交流に制限が多いのが特徴。
しかも全体のユーザー数は多いけれど、出会い目的で使っている人は数パーセントに過ぎないのでそんなに出会いに強いとは言えません。

一方で出会い専門SNSとは、SNSの機能がついた出会いサイト・アプリのことです。一般的なSNSとは反対に、出会いのほうがメインで出会うまでの交流のツールとしてSNS的な機能が使えるというものです。

どんな出会いサイトやアプリでも使える基本サービスはメールや掲示板ですが、出会い専門SNSはそれプラス「日記やブログ」「投稿写真(へのコメント)」などサイト内でその人の性格や日常が分かるような機能を兼ね備えています。

出会い専用のためユーザーも、遊びというよりは出会いのためにSNS的な機能を使うという感じなので、同じSNSっぽいツールでも全く恋活成功率が違います。

出会いSNSは出会い系とSNSのいいとこ取り!

SNSは使ってるけど出会い系のサイトやアプリは使ってないという男子が多いと思います。ネットにはSNSで出会える!なんて都合のいい記事もあって、男ならついつい信じてSNSでなんとか・・・と思ってしまう人もいるでしょう。

だけど、正直一般的なSNSで出会いを探そうと思ったらまず数十回は断られたりブロックされたり、最悪迷惑行為でアカウント凍結なんてことにも。それはさすがに心に来ます(笑)。

一方、同じSNSでも出会い専用SNSはサイト自体が出会いのために使ってねと言っているので何も気にする必要はありません。女性の会員も出会いたくて登録しているから誘いやすいし、どんな人なのか知りたければ日記やブログを見たり、日常写真などを見れば一発で想像がつきます。

出会い専門SNSは、相手と気軽に交流できたり相手の日常を垣間見ることができるSNSのいいところと、出会うことを前提に交流が始められる出会い系のいいところをミックスした感じのツールなんですね。

ログイン時間などが分かるサイトもあるので、幽霊会員への無駄なアプローチも回避できていいことづくめです。

SNSと比べものにならない匿名性・秘密厳守

SNSと出会い専用SNSの大きな違いは、匿名性が高いか低いかという点もあります。

SNSでもTwitterならDM、Facebookならメッセンジャーなど個人同士で連絡する手段はありますが、お互いに友達にならないとプライベートメッセージが送れないため、出会い目的で近づけば無視されて友達にすらなってもらえないことが大半です。

つまりスタートダッシュでコケてしまう確率がものすごく高いのです。

仮にみんなに見えるメッセージで相手に届いたとしても、知り合いに自分のアカウントを見つけられたり知られたりした瞬間に「こいつ彼女いないからって女にメッセージ送ってるよw」とバレるリスクが大きいです。使っている人が多いものだけに、秘密が一気にバレてしまうのです。

その点で出会い専用SNSは、そもそも出会いたい人しかそのサイトを使いませんから知人バレリスクは限りなくゼロに近いです。

おまけに出会い専用ということで自由度も高く、別に友達同士という繋がりがなくても気になった女性がいれば日記を見たりコメントをつけたり個人的なメッセージも送ることができます。

こう考えるといよいよ、わざわざ高いハードルを乗り越えて高いリスクを負ってまで一般的なSNSで出会ってやろうというもの好きはだいぶ減るでしょう。