恋活サイト・アプリで男の写メって必要?

20代・30代がリアルに使ってるサイト分布図

写メは顔を見せるだけの目的じゃない!

twe05

出会い系サイトやアプリには、写真投稿機能が付いているところが多いです。自分のプロフィール画像にしたり日記などに投稿したりと、サイトによって色々な場面で写真を使うことがあります。

出会い系サイトやアプリで写メ、というと基本的には顔の写真という意味です。文章だけでは分からないその人の雰囲気や外見を知るために大切な機能の一つです。

顔写真を載せるか載せないかは自由で、載せたらメールや返事の数が多くなりやすいという性質も持っています。だけど、実は写メ機能の意味は相手に顔を知ってもらうだけではありません。その少し前の段階「掲載しているかいないか」が出会いに影響するところなんです。

反対の立場で、写メを載せている女性と初期画像のままの女性2人からメールが届いたとして、どちらから先に返事をしようと思うでしょうか?なんとなく写メが載っている女性のほうがリアリティがあるから返事をして早く進展させたい、と思いませんか?

そう、それを女性も同じことを思っているんです。
顔に自信がない、とかはまず関係なく、基本情報としてないよりもあったほうが絶対にあったほうがいいので載せていて損はないと思っていいでしょう。

顔に自信ないんだけど写メって必要?

いくら写メを載せたほうがいいとは言っても、逆にブサイクやデブだといくら真面目でも返事が来ないんじゃないか・・・と怖がって載せていない(載せるつもりがない)男子も多いでしょう。

確かに自薦他薦問わずブサイクだと、載せているほうが足かせになる場合もありますね。写真は載せずに文章だけで勝負したほうがいい場合もあるでしょう。

ただ上でも述べたように、写メは顔を見せるだけの目的ではなく、そこにリアルにその人が存在しているという証拠みたいなものでもあります。今は高度な写真加工アプリがありますが、アプリである程度綺麗に整えるのもアリです。

えっ、どうせ会ったら本当の顔見られて幻滅されるじゃん!と思うかもしれませんが、出会い系ではとりあえずどんな形であろうと会ってしまうことが重要です。
会ったとき正直写真と違ったしタイプじゃなかったんだけどあれよあれよと彼女になって奥さんにまでなってしまったわ、という女性は数え切れないほどいます。

女性にとって写真を加工することは普通で、アップされている写真は多少なり加工されているんだろうなと推測できています。加工した写真で女性からの連絡や返事が増えれば、その分出会える人数も増えて、彼女になってくれる人が現れる確率も高くなります。

彼女を作りたいなら写メテクを極めよう

友達はイケメンじゃないととか美女以外ダメだとか、普通そんな風に思いませんよね。

だけど彼氏や彼女にする場合、やっぱりキスやそれ以上のことなど付き合った後のスキンシップを考えると少なくとも自分のタイプでないとダメなわけです。

なんとなく誰かと会ってみたいという女性も男にとっては貴重ですが、それよりも彼氏が欲しいという明確な願望を持っている女性と出会えたほうが恋愛への近道になりますよね。

この彼氏が欲しいと思っているような女性に選ばれるには、男のほうもプロフィールをしっかりと埋めておく必要があります。もちろんプロフィールには写メも含まれていて、内容と写メの両方を見て女性は判断します。

彼氏が欲しいと具体的に思っている女性から選ばれるのはもちろん写メがある男で、おまけにイケメンではなくても写真が綺麗な男はそれだけでモテます。

写メテクや加工テクというのは女性のものだと思っていたら大間違い。女性が当たり前にやっていることなのだから、逆に男も気兼ねなく綺麗に見える角度や場所を研究したり加工してみればいいのです。

写メの出来は女性が会おうかどうしようか悩んだときのあと一歩を動かす大事な決定打になりますから、写メテクを極めてみましょう。きっと楽しくなりますよ。